男性に多いAGAは育毛クリニックで【駆け込み育毛フサフサ院】

土台を作る

フィナステリドと併用して新しい毛の脱毛を防止しましょう

まず、「ミノキシジル」の簡単な紹介から行います。 ミノキシジルはもともとは「血管拡張剤」として用いられていました。 しかし、後に発毛効果が認められたために現在では発毛剤として使われています。 この発毛効果のメカニズムは、簡単には本来の血管拡張剤としての効果を利用して 毛頭における発毛環境の良化を促すというものです。 ただ、これだけではまだ発毛効果は見込めないのです。 せっかく生えた新しい毛も、抜けてしまっては意味がないからです。 大切なのは、発毛環境を良くすることに加えて、発毛された毛が抜けおちない”土俵”を 作り上げることなのです。 そのため、脱毛防止作用のある「フィナステリド」という成分と併用することで 確実な発毛環境が見込まれます。

発毛治療費の目安はどれくらいでしょうか

先述では、「ミノキシジル」と「フィナステリド」の併用で確実な発毛を目指す治療法を 紹介しました。 しかし、「ミノキシジル」に関してはもともとが血管拡張剤であったことから、 発毛剤として利用した時に副作用が生じることがあるのです。 副作用の例としては、「頭髪以外の毛髪が増える」、「肌環境の乱れ」、「血圧の変化」が あります。 ミノキシジルの効果は頭髪のみならず、全身の毛髪に作用します。 肌が荒れやすくなるのは、血管拡張による皮膚の成長によるカスの増加とみられます。 また、血管が拡張されれば血圧が低くなるのは目に見えています。 こうした健康上のリスクもはらむ副作用があるため、治療に当たっては 「専門外来の発毛治療」が強く推奨されます。 一般の頭髪治療と違い、経過を確認するために医師と相談する機会が設けられます。 その際、副作用が出ても随時相談ができるからです。 専門外来の場合の治療費は2、3万円程度が目安です。 一般の治療は最大でも2万円を切るのが目安ですが、副作用の相談に応じられない可能性があります。